お客様の声OWNER's VOICE

時を重ねても色あせない趣きのある住まい
時を重ねても色あせない趣きのある住まい

時を重ねても色あせない趣きのある住まい

旭川市 N様邸

優美な雰囲気の漂う家

カバードポーチが印象的な外観
カバードポーチが印象的な外観

落ち着きあるレンガと白のサイディングを用いた、シックな印象のN様邸。妻飾りや、モールディングで装飾した柱のある屋根付きポーチなど、洗練された格調高いフォルムの外観です。家の検討を始めた際、たまたま通りがかりに目にしたのが、セルコホーム旭川の豊岡モデルハウスだったというN様。「急勾配の屋根に妻飾り、玄関アプローチの装飾柱など、そのデザインに惹かれました」と話します。「広さのある開放的な家に住みたいと考えていました。デザインにもこだわりがあり、快適性を求め、いろいろなハウスメーカーや工務店を検討し、セルコホーム旭川で建てることに決めました」とも。

閑静な住宅街に建つN様邸は、すぐ側には学校やスーパー、数百メートルの距離には国道が通っており、買い物や通勤、通学にも利便性がよく、ともに看護師として働いているN様ご夫妻の生活に都合の良い環境です。奥様は「旭川は私の実家があり、2人の子育てをする上で心強いということもあって、この地に家を建てました」と話します。

時代の変遷に左右されない住まい

家族の気配が伝わるゆとりの空間
家族の気配が伝わるゆとりの空間

「広々とした明るいリビングは居心地がよく、家族だんらんの場所です」とN様。空間に光と縦の広がりのある吹き抜けになっており、特に1階リビングと2階ホールとをつなぐ開放感が気に入っているそう。
また、「祖父母の家には広い庭があって、家も大きくて...。幼い頃のそんな記憶がどこかに残っていて、自分の家は、BBQのできる広い庭のある、子供たちが自由に走り回れる大きな家を建てたい、そう思っていました。縁あって希望にかなう場所・広さの土地に家を建てることになり、この夏は庭で焼肉をしたり、ウッドデッキにビニールプールを出して水遊びをしたりと、子供達も喜んでくれました」と笑います。

N様ご夫妻は、家事や育児を分担しながら、責任ある仕事を両立しています。奥様は「新しい環境や職場に慣れるまでは戸惑いもありましたが、両親にも助けられ奮闘中です。子育てをしながら共に働くのは大変なこともありますが、子供の笑顔とこの家に癒されています」と話します。

素材やディテールにこだわって

こだわりのアイランドキッチン
こだわりのアイランドキッチン

美しい半円窓、シャンデリアなど、華やかな住まいのN様邸。インテリアには頭を悩ませたと言い「担当の諸橋さんから様々な提案をいただき、理想の住まいができました」と話します。「照明器具にもこだわり、インターネットや家具店を周って探しました」とN様。奥様は「やさしい風合いと質感で、幼いころに遊んだシルバニアファミリーのおうちのよう。住みたかった憧れの家が完成しました」と笑います。
1階は、キッチンからリビングも見渡せる、家族の存在を感じられる間取り。「アイランドキッチンを希望し、ドアや引き出し、取っ手の色にもこだわりました。子供は女の子二人なので、将来一緒にキッチンを囲んで料理ができたらいいですね」と奥様。

「長く住む家なので、壁材や屋根材は風雪に強く耐久性のあるものを選択するなど、住んでからのメンテナンスや光熱費のことを考えることが大切です。まだ寒さの残る時期の入居でしたが、高断熱・高気密のおかげで暖かく快適に過ごしています」と話してくださいました。